4K ハイダイナミックレンジ4Kista! × HDR

4K映像の視聴環境拡大と
HDRの普及が促進される時代へ

2018年12月にBS放送において4K HDRの実用放送が開始される予定です。4K HDRを視聴するための様々な配信環境が求められ、2020年のオリンピックに向けてさらに普及することが予想されます。そこで、弊社はニーズに対応するべく4K HDRの制作環境を調えました。

SDRとHDRのイメージ

HDRは現在のテレビ放送の規格より、明るさ、階調表現に優れています。 また、表示可能な階調が広いため上図の比較イメージのように白とびや黒く潰れた部分が発生しにくいため花火や野外スポーツ等でも、より肉眼に近い表現を可能にしています。

キャリング運用の様子

“4Kista! HDR”映像制作の仕組み

スイッチャーへの信号はS-log3/BT.2020で統一をし、出力領域でPQ/BT.2020またはHLG/BT.2020へ変換しつつHD SDRへダウンコンバート、同時出力を行います。HDR/SDRモニタで比較し、違和感のない映像を提供します。

図
図
    
  • デジコン株式会社
  • 〒101-0042
  • 東京都千代田区神田東松下町13番
    神田プラザビル8F
  • TEL : 03-3527-1925
  • FAX : 03-3527-1926

お問い合わせ

4Kista!に関するご相談やお見積りは、
こちらからお問い合わせ下さい

お問い合わせ
「4Kista!」および「4Kista!」ロゴマークは、デジコン株式会社の商標または登録商標です。
商標出願番号:商願2016-029743